クロスオーバー展

※作家名の記事では、出品内容について随時更新いたします。※ご来場にあたっては会場の営業時間をご確認ください。

2020年8月11日火曜日

FANTANIMA!追加 スリズとSaMile

 FANみそ!では、オンラインFANTANIMA!の作品も出品しますが、スリズ、SaMile新着の追加納品も発表いたします。

(レマンス・タイス作品もただいま輸送中です。到着次第ご案内いたします。)

◎これらの追加作品は19日の初日は会場で抽選販売いたします。初日に応募、販売がない場合は8月20日午前9時から専用受付フォーム、または丸善へのお電話にて受付いたします。

初日のご案内こちら

通販受付フォームこちら(8/20午前9時より受付開始。それまで「終了」表示になっています)

スリズ・タチアナ 新着3点

左から「パンダ・モンスター」「グレイ・モンスター」「ブラウン・モンスター」

 「パンダ・モンスター25,190円(税込)
 幅5cm、奥行5cm、高さ7.5cm
樹脂粘土、シルクモヘア、パステル、グラスアイ、化繊綿
グレイ・モンスター25,190円(税込)
 幅4.5cm、奥行5.5cm、高さ6.5cm
樹脂粘土、ビスコース、パステル、グラスアイ、化繊綿
ブラウン・モンスター21,560円(税込)
 幅6cm、奥行き6cm、高さ7cm 
樹脂粘土、シルクモヘア、パステル、グラスアイ、化繊綿
 
 
SaMile 新着3点 ※在庫はオンラインショップで8/15までご紹介中
 
左から「ドン・カルダモン」「Rosie」「Gigi」
 ドン・カルダモン」64,130円(税込)
幅8.5cm、奥行6.5cm、高さ17cm
樹脂粘土、布 、グラスアイ
Rosie(うさぎ)」38,610円
幅4cm、奥行3.5cm、高さ11cm
樹脂粘土、布、グラスアイ 
Gigi62,150円(税込)
幅7cm、奥行5cm、高さ10cm
樹脂粘土、布 

2020年7月29日水曜日

初日のご案内

-8月9日更新-
※スリズに関するCの抽選券を止めてBに組み込みました。

8月19日(水)の初日開店時に密にならずに安心してお買い物ができるように、ご来場される方は下記のご注意にご協力をお願いいたします。
※このご案内は通常の開店時間(9時)を想定していますが、状況により開店時間が変更になった場合は改めてこのページでご案内をいたします。

午前8:45 受付開始(並ぶ必要はございません
丸善丸の内本店1F(オアゾビル内) 入口前にて下記のA、Bいずれかの整理券をおとりください。(重複不可)
整理券ではお一人1点までのご購入とさせて頂きます。(例外 今戸人形は3点まで)

A 一般整理券(Bにあてはまらない方。くじを引いて頂きます。)

B 特別整理券(B対象リストの作家作品をご希望の方、スリズ含む) お一人1枚
 ※Bの対象となる特定の作家リストは当日受付でご確認下さい。
 ※Bの作家については、各作家につき1個の投票箱を設置いたします。その箱に「お名前(ニックネーム可)とご希望の作品の品番・タイトルを書いて投票してください。

9時開場後、Aの方を整理番号順にお呼びいたします。
Aの方が一巡したら、Bの作家作品以外は自由にお買い物をして頂けます。

Bの方は9:30までに抽選投票をお済ませください。
Bの抽選発表は各作家展示場所で9:30より順次行ってまいります。



出品者紹介 ズュビャイロヴァ・ユリア

Summer

木目込みの技法 彩色はアクリル絵具

ズュビャイロヴァ・ユリア
Julia Zyubyairova(ウクライナ)

ウクライナに生まれ、美術教育を受ける。2012年に来日してから、創作人形の制作を始める。作品では、自然と人工の素材を技術と情感で一つに融合させ、それぞれの世界を持ったキャラクターを作りあげることをテーマにしている。
過去に異なる国々に住む機会があり、それぞれの文化や環境から作品の形、色、内容が影響を受けている。
日本に長期間滞在中。水墨画や木目込み人形の技法を習得し、積極的に創作に取り込んでいます。

出品作家 ロマノヴァ・エカチェリーナ

 「鹿の精」


「鹿の精」 25cm(角含む) 17cm(座り)

素材:ビスコース、コットン、木、粘土、グラスアイ 彩色:油彩、アクリル絵具、パステル 

手とマスクは粘土、コートは脱着可 首・手足可動


 

ロマノヴァ・エカチェリーナ

Romanova Ekaterina(ロシア)

モスクワに生まれる。
通訳者としての教育を受けるが、広告やデザインの仕事に携わる。
人形の制作技術をツィンバル、ムラトヴァ、ガラーなどの通信講座で習得する。
2018年 URSA MAJORコンテスト(ロシア)でグランプリ、FANTANIMA!賞

出品者紹介 よねやまりゅう

よねやまりゅう
Yoneyama Ryu

1975年 創形美術学校(造形科)中退。
1977年 フリーで博物館、遊園地、ディスプレイなど造型関係の仕事に入る。
1982年 クレヴォーグ第1回創作人形コンクールで次席。
1984年 第1回日本オブジェ展入選。
1990年 美術造形工房・有限会社オッドアイを設立。
2004年 球体関節人形展(東京都現代美術館)
2008年 アートフェア東京
個展・グループ展参加多数
造形作家としてもCM媒体などで活躍中
「マツコの椅子」(トヨタ自動車)
「ナオミトレイン」(西武鉄道)

出品者 吉村眸

 「鹿の精」「森の小さな空想家さん」「小さなおじょうさん森へ」「森の小さなまほうつかい」
 
 
「眠るきつね」「眠るりす」

「ねずみぼうや」「鹿の精」「白狐 緑陰に憩う」

「白狐 緑陰に憩う」
「ろうそくぼうやとうさぎ」

「赤ちゃんアマビエ」’ニコニコ’ と ’アレレ?’
 
 「おちびさんの横顔ブローチ」
 
 
「てのひらにどんぐりブローチ」「りすブローチ」
 
「テディベアブローチ」「つばめブローチ」
 
「すみれの記憶」
 
 
「小さな青い鳥」




吉村眸
Yoshimura Hitomi

2002 独学で人形制作を始める。
東京学芸大学で美術教育・彫刻を学ぶ
日本創作人形学院で浦野由美に師事、ビスクドールを学ぶ
2013 創作人形コンクールMIDOW展大賞受賞
石塑、塑造、ビスク、和紙や段ボール、針金、麻や綿の布など様々な素材を経て、現在は陶や紙で制作をすることが多い。
2019年6月、東京から茨城県に拠点を移し日々の制作を深めている。

出品者紹介 ゆきち





幅7.5cm 奥行き5.3cm 高さ16cm
ビスク、すが糸、布(絹など)


ゆきち
Yukichi

2004年 人形制作開始
2008年 因間りかドールスタジオにてビスクドールを学び始める。
2014年 チーム・コヤーラ主催創作人形公募展入選